近視は子供のころに患うケースが多く、近視=ガリ勉と言った?象も強くありました。夜遅くまで長時間勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)をしていたら、近視になりやすかったからだといえます。また、一昔前はまんがやTVが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)と騒がれた時代もありました。現代では、テレビゲーム(Wiiやプレイステーション3、Xbox360などが代表的ですね)やパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)が大きな要因かもしれませんね。近視は遺伝的要素も強く、先天的に極度に視力が弱いと言う人も存在しているのです。しかし、そこまで酷い状況じゃなくても、親が近視だとその子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)も近視になる確率が大変高いのは事実です。このように、近視には遺伝的要素も大きく関与しているのですが、やはり一番大きな原因は環境になるでしょう。特に、長時間続けるテレビゲーム(Wiiやプレイステーション3、Xbox360などが代表的ですね)は、疲れ目からの近視を引き起こしやすいです。それに、仕事やプライベートでの趣味として利用してみるパソコン(正式名称は、パーソナルコンピュータで、PCともいいますね。デスクトップ型、タワー型、ラップトップ型、ノートブック型の他、ネットブックやタブレットなどもあります)やスマホ(店員さんに勧められて、必要もないのにスマホにしてしまう人も増えているようです)なんかも疲れ目の原因となり、ドライアイや近視を引き起してしまう要因になると思います。疲れ目が視力低下(一部が欠けている黒い環のランドルト環によって検査するのが一般的ですね)を引き起してしまうことは昔から知られていて、特にパソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)やテレビゲーム(日本では、任天堂のファミリーコンピューターが最初に家庭に普及したテレビゲームではないでしょうか)のように一点を凝視し続けるような作業では、瞬きの回数が減ってドライアイも引き起こしてしまうみたいです。作業に没頭するあまりに、画面に食い入る傾向は大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)も子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)も変わりないのです。そのため、近年では、大人になった後に近視になる人も増える傾向があるといわれていて、近視の人口はますます増え続けることによっているでしょうね。本来、テレビゲーム(和製英語で、一般的にはディスプレイとしてテレビを使用するゲームをいいます)やパソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)作業は「一時間ごとに休憩を」といわれていますが、なかなか現実的には難しいですねー